会社情報

株式会社廣瀬商会は、明治38年(1905年)に初代廣瀬太次郎が三井呉服店(現三越)より独立、日本橋で創業し、陸海軍や鉄道省、逓信省などの官庁を得意先として繊維製品を納入する御用商人としてスタートしました。
昭和34年(1959年)のリネンサプライ事業への参画をはじめ、取扱商材もその時々のニーズに応じて繊維から機械、そして化学薬品と多角化し、さらに近年では医療関連や災害対策用備蓄商品まで意欲的に事業領域を広げています。

当社は1998年に日本で初めてバーコード管理を用いたオペリネンリユース事業を開始いたしました。
再利用可能で、安全性の高い手術用リネンを医療従事者の皆様にご提供することで、医療製品の安定供給と医療廃棄物の削減に取り組んでいます。

会社商号 株式会社廣瀬商会
英文名 Hirose shokai Co.,Ltd.
代表者 代表取締役会長 廣瀬太郎
代表取締役社長 廣瀬慶太郎
創業 明治38年3月
設立 昭和36年1月
資本金 1億円
取引銀行 みずほ銀行東京営業部
役員名 常務取締役 臼井段一郎
取締役 齋藤俊哉
取締役 磯村成彦
取締役 道下泰治
監査役 矢野正敏
事業内容 繊維を中心とした総合商社。
繊維、機械、化成品、防災用品、メディカル製品の販売・リースレンタル、企画、生産管理、サービス、輸出入および三国間取引

ご気軽に
ご相談ください

手術用リネンリユースシステムのご相談は、
メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら